J-COM解約時の営業に怒っています

知り合いより光回線へ乗り換えのご相談を受けたので、手続きをした方がいたのですが、無事ひかり回線の工事が完了して、元々利用していたJ-COMを解約するためJ-COMへ連絡をし解約の旨を伝えたところ、最初のオペレーター側から営業ぽい人に代わり、解約をとめられたそうです。

ここまでは、どの回線会社でもある普通のことなのですが、知り合いの方が怒った理由が、いきなり料金を2000円ほど下げることができると説明してきたそうです。しかも今開通した光回線は消費者センターに行って相談すれば工事費も無料にしてくれると説明したそうです。

一連の説明を受けて知り合いは「ならなんで最初から値段を下げてくれなかったのか?」「料金下げてもらっておいて、なんで消費者センターが対応しなければいけないのか?」と怒り気味に伝えたそうです。

いやごもっともです。w最初から料金の高いプランで案内をされていたんだと、知り合いの方は怒りが治らなかったみたいで、相談してよかったと言っていただきました。

知り合いの方はJ-COMで発番した電話を利用していたため、解約金を免れることを考えて、電話だけは残そうとしたのですが、あまりのJ-COMの酷さに全て解約をしてしまったのですが。

紹介した代理店が気を使ってソフトバンク光でのご案内だったので解約金は全額戻ってくるキャンペーンを手配してくれてて助かった。

 

みなさんも料金が高いなと思いましたら一度、利用回線の業者へ相談してみるのはかなり有りです。料金下がらないなら他社回線に乗り換えてしまえばキャッシュバックや経済的な負担なく乗り換えられます。

広告

メッセージありがとうございます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください